ポンコタン鉄橋

道の駅「森と湖の里ほろかない」からほど近くに残された旧JR深名線の名残のひとつ、第三雨竜川橋梁、通称「ポンコタン鉄橋」です。
国道275号線と並行して流れる雨竜川を渡っており、深名線が廃線となったあとも保存会の手で保存され続け、2009年(平成21年度)には「土木学会選奨土木遺産」に選ばれています。

前の記事

旧JR深名線 沼牛駅

次の記事

JR深名線資料館